こちらをお読みのあなたは入居したい物件のも審査が通らない、そういった経験をお持ちではないでしょうか。
最近は入居の際も基準が厳しくなっており、入居難民が増えているのが現状です。
そんなあなたに、アリバイ会社に入居審査を手伝ってもらってはどうでしょうか。
やはりまずは家を探さないと、仕事を探す際も自分の住所を履歴書に書かなければならないので新たな人生の第一歩のなります。
他の人の力を借りて、一刻も早く立ち直りましょう。

アリバイ会社は賃貸の入居審査にも使える

アリバイ会社は賃貸の入居審査にも使える まず入居審査で審査される内容は、年収・職業・家族構成・連帯保証人などです。
しかし、仕事をしていても職業で断られることも多々あります。
収入は得ているのに、住みたい家に住めないのは悲しいですよね。
そんなあなたはアリバイ会社を是非利用しましょう。
アリバイ会社では職業を正直に書きたくない方でも、在籍照明を発行することが可能です。
不動産会社から電話が入っても、専門の者が応対してくれます。
そして収入証明などの書面を請求されても、作成し提出まで行ってくれるのです。
完全成果報酬制をとっている企業も多く、即日相談もできるので安心です。
迅速に対応してもらえるので、直ぐに相談して書類を提出するということも可能です。

アリバイ会社で引っ越しするなら知っておくべきこと!

アリバイ会社で引っ越しするなら知っておくべきこと! 水商売や正社員ではないなどの理由で、引っ越しができないと悩んでいませんか。
あまりオススメはできませんが、どうしても引っ越したいというかたであれば、アリバイ会社の利用を検討してみてはいかがでしょうか。
ただし、引越し先で虚偽の情報だということがバレた場合には、強制退去などのリスクがあることも覚悟してください。
アリバイ会社とは、給与明細など書類の偽造や在籍確認などをしてくれる会社のことです。
引越しの場合、大家や管理会社に正社員で勤めていることの確認くらいなら良いのですが、給与明細などの書類を提出するとなると考える必要があります。
もし偽造がバレた場合には、強制退去だけでなく公文書の偽造ということにもなるため、訴えられる可能性があるからです。
また、必ず審査に通るという訳ではなく、もし不動産会社などに虚偽の事実がバレた場合には今後、信用できない人という扱いをされて引っ越しが今以上に難しくなってしまう可能性もあります。
不動産会社は、横のつながりがあるため他の管理会社等に情報が漏れてしまうからです。
以上の事を踏まえた上で、それでも引越したいというのであれば、アリバイ会社とよく相談してみてはいかがでしょうか。

アリバイ会社の作成と証明などの虚偽について

アリバイ会社とはダミーで会社を作り、実際にはそこに勤務実態がないのにも関わらず、虚偽の就職歴を残すことを指します。例えば給与明細や源泉徴収歴や在籍証明書などを作成し発行したり、在籍確認の電話に対応したりして、本当に会社があり、在籍しているように見せかけるものです。
例えば、アリバイ会社を利用すると、現在無職であったとしても就職しており、働いていると偽装できることになります。これは、入居審査など職業や勤務先や雇用形態や収入といった事実が必要な時に使われます。部屋を借りる際に職業を偽ることで、無職や風俗や水商売関係の仕事日いている方が審査に通りにくいところを通すためにアリバイ会社を使用します。しかし、このような行為は、賃貸借契約という貸主と住む側の信頼関係の上で成り立っている契約のために厳格な入居審査が行われるため詐欺罪に問われたりすることがあります。
このように賃貸物件の契約や金融関係の審査などといった様々なしんさなどで利用されていますが、見抜くのが難かしくなっている。

内定や採用の通知書を作成してくれるアリバイ会社

引っ越しで新たに賃貸物件を借りる必要がある時には、内定や採用の通知書を提出することがあります。もちろんこれらの書類は実際に入社が決まっていないと出ないものですが、現在勤めていないのに早急に入手しなければならない時には、アリバイ会社を利用して用意するのが現実的です。入居の際に求められたら早急に手配してくれますし、万が一電話による応対が必要になってもアリバイ会社が代わりに行ってくれます。つまり、賃貸契約に必要な証明を全てしてくれますので、状況的に契約することができないのではないかと不安に感じている人は、一度アリバイ会社で行われているサービス内容をチェックしましょう。
部屋を借りる時には必ず入居審査が行われ、会社勤めをしていることはほぼ必須条件になります。収入面の信用に関わってくるのが勤め先であり、勤め先に何の記載もないと審査には通過できません。証明できない人達を救済してくれるのがアリバイ会社です。

アリバイ会社は無職の人が利用することで職があると見せられます

アリバイ会社は、無職の人が本当の今の自分を隠したい時に利用できます。例えば、現在職なしの状態であっても、アリバイ会社に依頼することで設計事務所で正社員で働いて収入を得ていると偽装できます。その偽装によって、ある程度の年収が記載された源泉徴収票も発行が可能です。
これを利用すれば、周りの人に偽って会社員であることを公表できるというわけです。以前は偽れる会社の社名は法人登記のされたペーパーカンパニーが主流だったのですが、近年は状況が変化しています。帝国データバンク・東京商工リサーチなどといった、企業がつくる会社のリストに登録されているものや実際に営業している会社なども選べるようになっています。
これをどのようにして使うのかというと、部屋を借りる場合に使います。部屋を借りる際には審査がいりますが、無職に該当する場合には審査に落ちてしまいます。ですので、会社員としてやっていることを審査機関に見せるためにアリバイ会社を利用するというわけです。

アリバイ会社では収入を証明する書類も作成

今現在会社勤めをしていないのに、収入を証明する書類を提出しなければならないことがあります。無収入のまま申告することができない場合には何とか用意するしかありませんが、自分では作成できませんのでプロの手を借りる必要があります。アリバイ会社では、用途に合わせた書類を作成してくれますので、給与明細や源泉徴収票等もきちんと用意してくれるはずです。希望を聞いて作成してくれるため、内容は利用者の期待する通りのものになります。源泉徴収票は1月から12月までの1年間分の証明になりますが、給与明細は1か月分ですので複数ヶ月分の明細を求められるのが一般的です。ですから、万が一給与明細が必要になったら3か月程度は用意しておくと良いでしょう。
急いで作成しなければならない場合には、アリバイ会社にその日のうちに用意できるかを確認する必要があります。探せば即日対応している会社もいくつかあり、依頼するとすぐに用意してくれます。

アリバイ会社を利用すれば家族を安心させられる

職業選択の自由は憲法にも保証されている基本的な権利なので、違法行為に加担したりしない限りにおいては誰がどのような仕事に就こうともそれは本人の自由です。ただ、それはあくまでもその人自身に対して言えることで、仕事の内容によっては家族など周辺の人との関係が気まずくなってしまうこともあります。いわゆる「夜の仕事」に就くケースがその代表的なもので、さまざまな事情はあれど親や兄弟に反対されてしまうのを恐れて自分が今どんな仕事をしているかを正直に打ち明けられないといった事態がしばしば起こります。
そんな時、解決策の1つとなり得るのがアリバイ会社の利用です。アリバイ会社とは、本人があたかもその会社に勤めているかのように装い、在籍証明書や給与明細などの書類を発行してくれるサービス事業者です。こうした書類を見せれば、きちんとした会社に勤めていると納得させることができます。ちょっとした「ウソ」ではありますが、あくまでも家族を安心させるためのウソだと言えます。

もっとアリバイ会社の情報を探すなら

アリバイ会社